2019.07.17 
2019.07.17 

BeeCruise×mov×ディージーワンが、三社合同で「今注目の業界インバウンド対策&越境ECを実現する手法セミナー」を開催!

BEENOS株式会社(東証一部:3328)の連結子会社で、越境ECおよびジャパニーズコンテンツの海外進出をサポートするBeeCruise株式会社(以下「BeeCruise」)は、日本最大級のインバウンド情報サイトを運営する株式会社mov(代表取締役:渡邊 誠、本社:東京都渋谷区)および、中小企業の電子商取引事業を支援する株式会社ディージーワン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 松永浩徳)と合同で、活況の続くインバウンド市場への取り組み方法を紹介する「業界インバウンド対策&越境ECを実現する手法セミナー」を2019年7月18日(木)に開催いたします。


2018年は訪日外国人数が初の3000万人を超過、2019年度もさらに訪日外国人数は増加していくと考えられており、日本政府観光局(JNTO)が発表している訪日外客数(2019年1月推計値)*では前年同月比7.5%増の268万9千人を記録しています。
活況を見せるインバウンド市場ですが、取り込みのための対策やインバウンドについての情報を持ち合わせておらず、有効な施策対策がとれていないケースが多く見受けられます。


本セミナーは、3部構成にて開催、インバウンド取り込みのための施策を包括的に解説し、市場解説からツールの説明まで実施いたします。第1部では日本最大級のインバウンド情報サイトを運営する株式会社movより日本を取り巻くインバウンド市場の現状と対策方法を解説します。第2部では越境ECや訪日外国人用WEBサイトに活用できるWebマーケティングツール「DG1」の活用事例を株式会社ディージーワンよりご紹介いたします。BeeCruiseからはインバウンド対策やその先の売上向上を目指す『旅アト消費』施策についてご紹介、事例を交えて説明します。

*出典:2019年 訪日外客数(総数)

開催概要

日程 : 2019 年7月18日(木)10:30~12:30(受付開始 10:15)
会場 : 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー32F
対象: 企業の海外事業・マーケティング・PR・広報・宣伝担当者
定員 :15 名(無料・事前申込制)
※同業社の方は参加をお控えください。
応募フォーム :https://dg-1.jp/public/form/mov_tenso_dg1_0718


プログラム
10:15
開場、受付開始
10:30~11:10 (40分)
【第1部】 株式会社mov 田熊力也
「日本を取り巻くインバウンド市場の現状と対策、インバウンドをビジネスで活かす方法とは?」
11:10~11:50 (40分)
【第2部】 株式会社ディージーワン 取締役 土肥麻梨子
「越境EC&インバウンド事業を最短距離でスタートさせるには?DG1活用による事例紹介」
11:50~12:30 (40分)
【第3部】BeeCruise株式会社 吉田拓真
手軽に出来る『旅アト消費』への繋げ方
成功事例のご紹介


BeeCruise株式会社の概要

BeeCruiseは、BEENOSグループの「経験値」「ネットワーク」「データの蓄積」といった3つの強みと新たな「テクノロジー」を駆使し、主に既存事業の成長を加速化させるための取り組みと新規事業の開発を行っております。 2019年6月よりBEENOSグループの持つグローバルマーケティングノウハウを活かしたグローバルマーケティングの専門組織を設立、日本のコンテンツや商品、エンタメを世界に拡げるため、日本企業や自治体のサポートを行っております。


最新のトピック