BEENOS

CEOメッセージ

BEENOS株式会社は、東証第一部に上場いたしました。
『世界中に笑顔を届け、世界中の可能性を拡げる』

この度、私たちは、東証マザーズから東証第一部に市場変更いたしました。 これも、ひとえに株主の皆様をはじめ、多くの関係者の皆様からの日ごろのご支援の賜物と、心より感謝申し上げます。

当社は、1999年、インターネット革命の黎明期に産声をあげました。
それから17年。
インターネットの歴史とともに、当社もまた様々な進化を遂げてまいりました。

近年、特に強みとしているのは「クロスボーダーEコマース事業」です。 海外から日本へ、そして日本から海外へと、双方向において国境を越えて商品を提供するサービスは、 当社グループが誇る事業領域です。

また、10カ国、約80社への投資育成を行う「インキュベーション事業」では、 今後成長が見込まれる次の中国「ネクストチャイナ」となりうる市場、アジア新興国への投資を先駆けて実施してまいりました。

今後は、これらの事業資産を横断的につなげ、各国の商品とお客様、各国の起業家と成功ノウハウを結び、 「クロスボーダーEコマース」を軸とした新しい仕組みづくりを目指します。

私たちは、世界中のお客様の「笑顔」をイメージしながら、自らの内にあるチャレンジ精神を発奮し、 インターネットを活かした新しい仕組みを通じて社会のためになる事業やサービスを創り続け、 世界に貢献して参りたいと考えております。

インターネット市場のみならず、あらゆる側面で劇的な変化が続く時代の大きな潮流の中でも、 当社グループはBEENOSの商号に込めた「ミツバチ」のように、世界中の「人」や「モノ」や「情報」をつなぎ、 可能性を拡げる一助となるべく、また、グローバルなイノベーション集団へと成長するべく、一丸となって邁進してまいります。 引き続きご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。
BEENOS株式会社 代表取締役社長 兼 グループCEO 直井 聖太