2019.04.25 
2019.04.25 

テクノロジーによって海外ショッピングの可能性を拡大

AIで商品の輸入可否を的確に判別する「輸入判別システム」を構築
購入できる商品の幅を広げ顧客満足度向上へ

BEENOS株式会社(東証一部:3328 以下BEENOS)の連結子会社で、世界最大のオンラインマーケットプレイス「イーベイ(eBay)」公認の日本向けショッピングサイト「セカイモン」(https://www.sekaimon.com/)を運営する株式会社ショップエアライン(本社:東京都品川区 代表取締役社長:竹内拓 以下「SAL」)は、商品の輸入時に必要な輸入可否確認をセカイモンの過去10年の蓄積データをもとにAIが画像やキーワードで判別する仕組みを構築し、実装いたしました。
この仕組みによって、商品ごとに輸入可否を判定することでお客様の購入機会損失を減らし、引き続き満足度向上を図ります。


セカイモンが開発した輸入可否AIシステムとは?

SALは、これまで商品の輸入可否確認を法律上規制の多いカテゴリーで判定し購入ができないようにすることで、お客様のもとに安心・安全な商品をお届けしてまいりました。そのため、輸入不可と判定し購入することができないカテゴリーの中にも購入できる商品が混ざっていることもありました。

今回AIを導入した輸入可否システムは、過去セカイモンで取引のあった商品データをもとに、商品画像やワードの頻度、連続性など様々な側面から分析をし、商品それぞれをAIが判別する仕組みを構築いたしました。現在では整合性を80%にまであげております。
このシステムによって、お客様が購入できる商品の枠を広げ、お客様の満足度向上とキャンセル率の減少を目指しております。
今後もSALは、お客様が海外ショッピングを楽しんでいただけるよう、ビッグデータを基にAIや機械学習を駆使しテクノロジーを活用してまいります。


セカイモンとは

「セカイモン」は、2007年にSALと米国イーベイが共同で開始した、世界最大のオンラインマーケットプレイス「イーベイ(ebay.com)」の日本専用サービスです。アメリカ、イギリス、ドイツなどから出品される商品を対象に、日本語での商品検索・閲覧、日本円での入札・検品・国際配送サービス・日本語でのカスタマーサポートを提供しております。2019年4月現在、アメリカ、イギリス、ドイツ、オーストリア、カナダの商品を購入することが可能です。


【本件に関するお問い合わせ窓口】
BEENOS株式会社 広報担当