インタビュー対象者のBEENOSグループのtenso株式会社に所属する客本と、BeeCruise株式会社に所属する田中

 

BEENOSに入社する前からつながりがある二人。
そんな二人がBEENOSでやりたいこと、個人として成し遂げたいことまでを語ってもらいました!

今回語ってもらったのは、BEENOSグループのtenso株式会社に所属する客本と、BeeCruise株式会社に所属する田中です。
BEENOSにJOINする前から一緒の二人。今は所属する会社は違えど、同じBEENOSグループとしてシステム開発を牽引してくれています。

 

 

客本プロフィール

26歳くらいまでは鳥取のアパレル店員。
そこで一緒に働いていた人からの情報で、未経験ながらもITの世界へ飛び込むため上京しエンジニアのキャリアをスタート!今では信頼厚いエース。社内では「第一印象の見た目はコワいが優しいエンジニア」として知られている。
【 得意範囲 】:Ruby、JavaScript。業務を表現する設計と、伝える実装。

 

田中プロフィール

ヨガが好き。優しい笑顔と雰囲気をまとう実は熱いエンジニア。現在は新規事業のシステム開発に携わり、サービスリリースに情熱を注ぐ。社内では「親切!丁寧!まじめ!」の声高く、BEENOSグループのエンジニアプリンスであろう。
【 得意範囲 】:PHP、インフラ周り。だが得意不得意にかかわらず必要な部分を追い込む。

 

 

BEENOSに自分の夢をのせて。

 

【客本】

やっぱり、自分がやりたいことや成し遂げたいことって、誰でもあると思うんです。
僕の場合は、一言でいうと「鳥取県をお金持ちにする!」です。そんな夢を思い描いていたんですが、
鳥取って、みなさんが思う以上にチャンスが少ない。
当時(12年位前)、「若いIT社長が六本木ヒルズで」とかってニュースを観ながら、鳥取に生まれた僕には縁のない世界だと思って過ごしていました。そんな僕に、いきなり未経験でエンジニアになれる!上京できる!ってチャンスが訪れたんです。
もう迷ってなんかいられませんでしたね。すぐやりますって返事しました。
とにかく鳥取を盛り上げたくて、ITなら僕の夢に早く近づけるんじゃないかと思い飛び込みました。
何をするのか、どんな仕事かすらも正直わかってなかったですけど(笑)。

入社して最初に渡された本が「初めてのWindows」だった僕に、辛抱強くエンジニアとしてのキャリアを歩ませてくれた会社の代表(現 BEENOSグループCTO:漆原)には、とても感謝しています。 しかしまぁ、めちゃくちゃ叱られましたね(漆原さんを知ってる方からすると意外だと思います)。人としても成長させてもらったと思っています。

BEENOSに入社しようとしたときは、そろそろ鳥取に帰ろうかなと思っていた頃でした。
そんな話をしていたとき、代表の直井が「どこでも働ける会社にしていきたい」ということを言っていて、
僕の夢である「鳥取県をお金持ちにする」をBEENOSとして実現できるかもしれないなと思いました。
そしていろんな方の協力のもと、鳥取オフィスの立ち上げが実現できることに!鳥取を盛り上げることに一歩近づけました。
鳥取オフィスでは未経験のメンバーを採用しました。まだ1年ちょっとなのですが、みんなどんどん成長していってくれています。
最近はそれが嬉しくてしょうがないですね。
IT業界で未経験が成長できる環境ってまだまだ少ないです。あっても新卒って条件だったりするんじゃないでしょうか。
だからこそ、僕がそうだった様に、チャンスを掴んで成長できる場所を鳥取でつくりたいと思っています。
今、それが鳥取オフィスです。今後はもっと雇用を生み出したいな・・・!
そしてメンバーと一緒に世界に注目されるサービスづくりもしたいです!
「あれってどこでつくられたんだろう」ってなったときに「鳥取!!!」ってね!

 

 

【田中】
人生でやりたいことは「より多くの人を幸せにすること」で(【客本】「おおおおおお!壮大!」)
その手法の一つとして技術やサービスがあります。
便利で使い勝手が良いサービスをつくって、笑顔を生み出したいんですよね。
それを最大限に拡げる事がBEENOSで働く理由です。
代表の直井は「世界中に笑顔を届け、世界中の可能性を拡げる」という価値観を大事にしているし、
実際にBEENOSは海外へもサービス展開している会社だからこそ、つくったサービスでより多くの人にリーチしやすいし、
代表のVisionそのものに共鳴しました。
あとBEENOSの仕事の仕方はエンジニアに関わらず、枠の中に閉じ込められないのがとても心地良いです。
もちろん、ある程度やるべきことは明確化されていますが、それ以上の事を行おうとした時には自由に動ける風潮、
技術だけにとらわれず、いろいろな手法を用いて自分と会社、それに関わる人の笑顔を作る事に没頭できる数少ない会社だと思います。

グループの代表的なサービスの一つで「Buyee」という日本一の物流数を誇る越境ECサービスがあるのですが、
Buyeeに次ぐ、Buyee以上のものをつくるのが今後の目標です。

つくる。といっても、それは自分が考えたものでも、人が考えた良いものであってもよくて、
笑顔が最大限拡がると思えるものだったら積極的に力になっていきたいです!
今所属しているBeeCruiseは、新規事業をつくっていくことに特化した会社で、
いろんな刺激や変化を受けられるのでとても楽しいです!

 

 

鳥取オフィス ✖ 東京オフィス


【客本】
物理的に離れていても、本社の状況を知りたいし、会話をしたいです。なので常にオンラインでつないでいます。
場所は違っても、「すぐそこにいる」ような環境にしたいと思っています。
エンジニアもコミュニケーションってとても大事ですし、同じ時間に同じことに取り組んでチーム連携していくのがとても大事じゃないかと思います。

【田中】
BEENOSはせっかくいくつものグループ会社があるので、
横のつながりをもっと増やしてグループの資産をシナジーさせていきたいです!

【客本】 「早く鳥取にも遊びにきてね!」

 



 

(*^-^*)

投稿日:2019.03.28