• 広報
  • Author:
    広報

BEENOSグループの御殿山オフィスでは、1年に1度、避難訓練を実施しています。

ビル運営の避難訓練も定期的にありますが、それとは別に当社単独でも自主的に行っています。

今回は、当社運営の避難訓練の様子をご紹介します!

 

訓練開始時間になると、緊急対策本部から各社の通信連絡班に「避難訓練を開始します!」という通達があります。

 

 

▼緊急対策本部が通達しているところ。救護セットが入った袋を背負っています。

 

従業員は避難誘導班の先導のもと、非常階段から避難を開始します。

当社グループのオフィスは6Fと7F。普段の移動はエレベーターを使用することが多いので、「目が回るー」「ヒールがつらい・・・」と言っている人も。

 

 

集合場所にはすでにたくさんの従業員が!去年から100名以上増え、国籍も様々なので今年の点呼が完了するまでのタイムはどのくらいになるでしょう!?

 

 

会社ごとに集合。点呼担当者が人数を確認します。

 

 

そして各社の役員が消防隊長に人数確認の報告をします。

 

 

タイム計測終了後、総括のお言葉。

 

 

当社単独の避難訓練は東日本大震災が起こった後、2011年から行っており、今年で8回目となります。従業員が最多となる今回、集合時間は昨年より30秒長くなるにとどまりました。

回を重ねるごとに通達や点呼作業がスムーズになってきているように思います。

有事が起きないことを願うばかりですが、備えあれば憂いなし。BEENOSグループは緊急時の備えや対策もぬかりなく行っています。

 

 

▼緊急救護班が救護セットをチェック。

投稿日:2018.11.19