2020.08.12 
2020.08.12 

メルカリの東南アジア・台湾最大のマーケットプレイス「Shopee」への出店をBEENOSがサポート、台湾にて販売開始

株式会社メルカリ(マザーズ:4385、以下メルカリ)とBEENOS株式会社(東証一部:3328、以下BEENOS)は、「メルカリ」で出品された商品を世界100以上の国・地域に販路拡大すべく2019年11月より業務提携いたしましたが、第二弾としてBEENOSがメルカリの東南アジア・台湾最大級のECモール「Shopee」の台湾における公式ショップ出店をサポートし、本日より出品を開始しました。BEENOSグループは「Shopee」と業務連携しており、パートナーとして日本企業のShopee出店をサポートしております。


メルカリの「Shopee Taiwan(蝦皮購物)」での商品取扱にあたり、BEENOSの完全子会社が運営する越境ECサポートの代理購入サービス「Buyee」とShopeeがシステム連携をいたします。また、BEENOSグループが翻訳、海外発送、お問合せ対応などをサポートすることにより、「メルカリ」の国内出品者は特別な対応をすることなく販売機会の拡大が見込まれます。


背景

2019年11月よりメルカリはBEENOSの完全子会社が運営する越境ECサポートの代理購入サービス「Buyee」との連携を開始し※1、「メルカリ」に出品された商品は100か国以上の国・地域からの購入が可能となりました。Buyeeは連携翻訳、海外発送、お問合せ対応などをサポートしております。「メルカリ」の幅広い商品数も一因となり、連携開始時よりアジア圏を中心としたお客様より高く支持され、流通を伸長させてまいりましたが、さらなる需要が見込まれています。
BEENOSグループは、モノ・人・情報を「日本から海外へ」、「海外から日本へ」と双方向に繋ぐグローバルなビジネス展開を強みとしておりますが、特に、中核事業であるグローバルECサービスの運営において、BEENOSグループの代理購入サービスとのシステム連携により海外のマーケットプレイスに販路を拡げ、世界中への流通を実現する一気通貫した販売チャネルの構築を目指しています。当社は、台湾、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナムの5地域でショッピングアプリダウンロード数No.1を誇り、2015年からオーダー数が約80倍と急成長を遂げている東南アジア・台湾最大級のマーケットプレイス「Shopee」と戦略的に業務連携をしており※2、このたびメルカリのアジア圏での販売の強化のため、「Shopee Taiwan(蝦皮購物)」への「メルカリ」の出店をサポートいたしました。これにより、台湾から「Shopee」上で「メルカリ」の一部商品を閲覧・購入することが可能になります。
昨今の情勢より、越境ECの市場規模が拡大しております。今回の提携により、メルカリの国内出品者の販売機会の拡大を図り、海外のお客さまのさらなる満足度向上を図ってまいります。


※1BEENOSとメルカリが業務提携 メルカリが世界100以上の国・地域に販路拡大、業界最大級の「Buyee」がサポート(2019.11)
https://beenos.com/news-center/detail/20191115_bns_pr
※2 BEENOSグループが台湾・東南アジア最大級のECモール「Shopee」と戦略的業務連携 Shopeeのパートナーとして、日本企業の出店をサポート(2019.10)
https://beenos.com/news-center/detail/20191030_bns_pr


業務提携の内容

今回の提携では、「メルカリ」と連携しているBEENOSグループが運営する代理購入サービスBuyeeが、「Shopee」とシステム連携し、「メルカリ」に出品されている一部の商品をShopeeに掲載します。掲載する商品ページはShopeeの規則にのっとり、当社グループが翻訳、適正化し、現地のお客さまからのお問い合わせも当社グループが承ります。台湾のお客さまから受注した商品は、Buyeeがメルカリにて台湾のお客さまの代わりに購入手続し、Buyeeの倉庫に届いた商品を検品、梱包した後に台湾へ発送するため、「メルカリ」の出品者は特別な対応をすることなく販売機会の拡大が見込まれます。


※サービスの流れ
最新のトピック