2018.03.01 
2018.03.01 

酒類の買取専門店「JOY LAB」の運営とインターネット販売を行う「株式会社帝国酒販」を完全子会社化

BEENOS株式会社(東証一部 3328、本社:東京都品川区、代表取締役:直井 聖太、以下:BEENOS)は、国内8店舗の酒類買取専門店「JOY LAB(ジョイラボ) http://joylab.jp/」を運営し、買取った酒類を自社ECサイト「銘酒専門店 帝国酒販 http://tkwine.jp/」や国内大手ECモールで販売する、株式会社帝国酒販(本社:大阪市中央区、以下:帝国酒販)の全株式を取得し、2018年3月1日に完全子会社化いたしましたのでお知らせします。
今後は、当社のEコマース事業・バリューサイクル部門の一環として、国内外における酒類のインターネット販売を強化してまいります。


  1. 背景と目的
    当社グループは、「日本と世界を繋ぐプラットフォームの創造」をミッションに掲げており、中核事業であるEコマース事業・クロスボーダー部門では、インターネットで日本の商品を世界中のお客様にお届けする「転送コム」と「Buyee」、海外の商品を日本のお客様にお届けする「セカイモン」を運営し、グローバルなEコマースを展開しております。
    また、バリューサイクル部門においては、ブランド品の宅配買取サービス「ブランディア」を運営しており、現在取扱ブランドは7,000以上、出品商品数は常時55万点以上となります。バリューサイクル部門は、「大規模オペレーション」「業務の省力・効率化」「1,300 万件の価格データベース」という強みを活かし、年間売上高、営業利益(2017年9月期)ともに過去最高を更新しております。
    一方で、帝国酒販は国内8店舗(東京2店舗、大阪3店舗、神奈川、愛知、福岡)の酒類買取専門店「JOY LAB」で日本酒、焼酎、ワイン、シャンパン、ブランデー、ウイスキーなどの酒類を買取り、自社ECサイトや国内大手ECモールで販売しております。
    また、日本最大級のインターネットオークション・フリマサービス「ヤフオク!」のストアの中から、売上高やお客様からの評価などのデータをもとに、その年の人気のストアに贈られる「ヤフオク!ベストストアアワード」の食品、飲料部門で4年連続ベストストア(1位)を受賞するなど堅調に売上を拡大させております。
    今回、帝国酒販がBEENOSの子会社になることで、帝国酒販の酒類の仕入れ力と当社のクロスボーダー部門の海外販売ノウハウやバリューサイクル部門のオペレーション構築力を掛け合わせ、酒類のインターネット販売を強化してまいります。特に、クロスボーダー部門の「転送コム」・「Buyee」との連携により、海外への販売拡大を目指してまいります。
    なお、本件による当期の連結業績に与える影響は軽微であります。

    ▼買取店舗「JOY LOB」紹介サイト
    ▼販売ページ(ヤフオク!)イメージ

  2. 帝国酒販の概要(2018年3月1日付)
    社名株式会社帝国酒販
    本社所在地大阪府大阪市中央区松屋町7-16
    設立1985年
    代表者代表取締役社長 中村 浩二
    事業概要酒類買取およびECによる酒類全般小売業
    URLコーポレートサイト:http://teikokushuhan.co.jp/index.html
     買取専門店「JOY LAB」:http://joylab.jp/
     自社販売サイト「銘酒専門店 帝国酒販」:http://tkwine.jp/

【本件に関するお問い合わせ窓口】
BEENOS株式会社 広報担当