越境EC 流通総額 No.1(※1)の海外向け代理購入サービス「Buyee」を運営するBEENOSグループで、越境ECおよびジャパニーズコンテンツの海外進出をサポートするBeeCruise株式会社(以下「BeeCruise」)は、デジタル決済と生活サービスのリーディング・プラットフォーム「Alipay(アリペイ、以下、アリペイ)」と合同で中国越境EC支援ウェビナーを7月14日(水)に開催いたします。
 
 海外からの訪日が叶わない今、活気づく越境EC市場では、アニメ・ゲームなどの日本カルチャー、ファッションや地域の名産品など、多くの日本の魅力を今だからこそ海外の人たちに知ってもらい買ってもらう、そんな動きが活発になっています。インバウンド需要が激減してしまい、新たな販路として海外市場を検討する企業が増え、特に巨大な越境EC市場である中国に期待が寄せられています。

 本セミナーでは、アリペイ、BeeCruiseが登壇し、「中国進出を希望している」または「中国販売の拡大を考えている」企業様向けに、コロナ禍で成長する中国の越境EC市場やインバウンドと越境ECで人気がある日本商品の傾向の違い、中国における日本商品の嗜好の変化などをお伝えします。

 アリペイは中国本土の10億人以上の消費者に使われている決済とライフサービスアプリです。中国では2018年モバイル決済金額が約4,709兆円にものぼり、2013年からの5年間で規模が約27倍に拡大しています。そのうち、「Alipay」が占める決済額のシェアは54%と、中国の消費者に最も使われているモバイル決済サービスとなっています。(※2) 
 海外向け代理購入サービス「Buyee」でも「Alipay」が導入され、越境ECでのお買い物の際に多くの中国のお客様にご使用いただいており、日本の企業様には海外販売の障壁となる「決済」の問題が解消されるため、ご好評をいただいております。


(※1) 国内越境EC 年間流通総額 No.1
該当サイトにおける海外個人を対象とした日本から海外への年間流通総金額
東京商工リサーチ調べ(2021年5月時点)
https://beenos.com/news-center/detail/20210607_bns_pr/
(※2)出典:新華網ニュース (2019年3月21日)
「中国モバイル決済市場モニタリング報告書 2018年第 4 四半期」 (Analysys易観調べ、2019年3月26日)

 

開催概要

名称:越境EC支援ウェビナー
「中国最大級のデジタル決済Alipayとの共催ウェビナー!
-インバウンド需要が消失したコロナ禍の中国消費者行動の変化から越境ECの今を徹底解説!-」
日程:2021年7/14(水) 14:00-15:00
開催場所:Webセミナー(meet) ※お申込み後、URLをお送りします。
参加費用:無料

対象:小売、メーカーのインバウンドマーケティング部門・海外支援部門・販売促進部門・経営企画部門・広報部門ご担当者
(※同業者の方、メディアの方のご参加はご遠慮いただいております。)
申込みフォーム:https://forms.gle/7FNA4g7LWRowzZfW8

▼こんな方におすすめ!
・中国の越境ECに初めて挑戦したい方
・国内向けECを運営されていて中国進出を検討されている方
・中国越境ECを行っているがうまくいっていない方
・最新の中国のプロモーショントレンドを知りたい方
・中国進出を希望している方
・中国販売のステップアップを考えている方

 

プログラム

第1部. これまでのインバウンド事情と今の消費変化 
第2部. 中国越境EC事情と販路拡大方法

※プログラムの内容は都合により予告なく変更する場合があります。


【登壇者】
1.アリペイジャパン株式会社
Alibaba Group, Global Fun
Regional Business Development Director
藤堂 泰樹

ヤフー株式会社、ソフトバンク株式会社でインドネシア駐在を経て アリババグループに至る。アリババグループでは越境ECやクロスボーダーペイメント事業に従事。現在、Alipayの国内加盟店担当チーム責任者を担う。

2.BEENOSグループ BeeCruise株式会社 Global Growth Hack事業部 
セールスチームマネージャー 岩本 夏鈴

大学卒業後、ITベンチャーに入社。入社直後は新規事業であったソーシャルモニタリングサービスにて営業開拓・広報・研修メニュー開発などを担当。その後法人向けSNSリスクモニタリングやソーシャルアプリ向けカスタマーサポートの多言語運用の立ち上げ、フィリピン拠点立ち上げなどを経験。海外法人向けサービス提供のため、サンフランシスコに単身駐在後、フィリピンにて海外セールス・マーケティングチームを立ち上げマネジメントなどを務める。その後ヘルスケアテクノロジーベンチャーにて法人サービス立ち上げなどに関わり、2018年に当社に入社し、2019年より現職。
BeeCruiseでは日本法人向け海外進出サービス事業の企画・国内セールス/海外セールスなどの統括を行い、年間約100案件のマーケティングやプロモーションなどの戦略策定や提案・支援を行っている。


【BeeCruise株式会社の概要】
「BeeCruise」は、BEENOSグループの「経験値」「ネットワーク」「データの蓄積」といった3つの強みと新たな「テクノロジー」を駆使し、主に既存事業の成長を加速化させるための取り組みと新規事業の開発を行っております。 2019年6月よりBEENOSグループの持つグローバルマーケティングノウハウを活かしたグローバルマーケティングの専門組織を設立、日本のコンテンツや商品、エンタメを世界に拡げるため、マーケティング・プロモーション領域において日本企業や自治体のサポートを実施。さらに日本をはじめとする世界の企業と消費者をつなぐ販売パートナーとしてEC出店展開の支援を行っています。

(1)社 名 : BeeCruise株式会社 
(2)代 表 者 : 代表取締役社長 直井 聖太 
(3)本 店 所 在 地 : 東京都品川区北品川四丁目7番 35 号
(4)設 立 年 月 : 2017年10月
(5)資 本 金 : 100百万円   


Alipayについて
「Alipay(アリペイ)」はアントグループが提供するデジタル決済と生活サービスのリーディング・プラットフォームであり、中国本土では10億人以上のユーザーに利用されています。海外の各国と地域でも、中国人向けのオフライン決済サービス、アリペイの決済を通じた免税サービスを提供しています。また、海外金融機関および決済ソリューションのプロバイダーと協力し、海外を旅行する中国人観光客および中国の越境ECサイトを利用する海外顧客の決済を可能にしています。