北九州市に拠点を置く首都圏のIT企業6社が集まり、
業界の働き方や採用に関して本音で語る就活応援イベント「キタキューIT JAM 2019」が
去る2月23日に北九州市の主催のもと開催されました。

BEENOS北九州オフィスも入居しているコワーキングスペース「fabbit 北九州」が会場ということもあり、
今回BEENOSを代表して北九州オフィスのメンバー2名がイベントに参加させて頂きました。

 

 


今回のイベントには、就職を控える学生の方を中心に59人が参加。
そんなみなさんに向けて、
・各企業の若手社員による「イマドキの働き方」について
・採用担当者が本音で話す「採用面接の本音」
など、通常の就活イベントではあまり深掘りしない、面接などでもなかなか出てこないテーマを中心に、
司会の方を交えて本音でお話しさせていただきました。

また、参加者がご自身について自由にお話していただく「逆プレゼンタイム」では、
「なぜIT企業で働きたいのか」「今までがんばってきたこと」など、
短い持ち時間にもかかわらずどの方も個性が光るアプローチ方法でアピールしていただいたことが印象的でした。


最後には、各企業がブースに分かれ、参加者のみなさんとフリートークをする時間も。
BEENOSのブースにもたくさんの方に来ていただき、質問にお答えしたり会社についての説明をさせていただきました。

 



一般の「合同説明会」とは違い、どちらかといえばフランクな雰囲気のイベントでしたが、
私たち企業側が本音に近い話をさせていただいたのと同様に、
参加された方々が働くことについてどのように考えているか、
どのようなところを重要視しているのか、
何を求めているか・・・など
「生の声」をお聞きできたことは一番の収穫でした。

そしてその中で多く聞かれた、
「地元で働きたい」
という思い。

BEENOSは北九州オフィスでも、BEENOSグループを一緒に盛り上げてくれるメンバーを募集しています。

今回のような「地元で働きたい」という方々と直接お話しすることができる場も
引き続き大切にしていきたいと考えています。

 

投稿日:2019.03.15