BEENOS株式会社(東証一部:3328)の連結子会社であるtenso株式会社(以下、tenso)は、恩沛科技股份有限公司(NP Taiwan, Inc.、以下、ネットプロテクションズ台湾)が運営する台湾向けクレジットカード不要のスマホ決済「AFTEE(アフティー)」を、越境EC 流通総額 No.1(※1)の海外向け代理購入サービス「Buyee(バイイー)https://buyee.jp/」、およびタグ1つで越境ECが開始できる「Buyee Connect(バイイーコネクト)」にて導入開始しました。導入開始を記念して、「Buyee」で初めて「AFTEE」を利用されたお客様に向けて割引キャンペーンも実施します。

 本導入により、台湾のお客様はクレジットカード不要でコンビニ支払いやATM支払いが選択できるようになり、ECにおけるカード使用率が約30%(※2)と低い台湾エリアでの購買利便性の向上を図ります。これにより、台湾エリアでの流通伸長を目指し、日本企業の越境ECでの流通拡大に貢献できるように努めます。
 
 

●背景

 台湾内政部(※3)及び信用情報機関JCIC(聯徵中心※4)の統計データによると、台湾では15歳から80歳まで購買力を有する生活者のなかで、クレジットカードを所有していない人数が一千万人近くいると発表しています。台湾ではスマートフォン及びタブレットの活用が非常に普及しており、ECは身近な購買インフラとして定着していますが、ECにおけるクレジットカード利用率は約30%(※2)と日本に比べて低い数値になっており、コンビニ支払いやATM支払いが主流です。また、「Buyee」は以前より台湾のお客様からクレジットカード以外の決済手段へのご要望をいただいていました。

 こういった背景を受け、ECにおけるクレジットカード使用率が低い台湾エリアのお客様の購買利便性を向上するため、tensoは「Buyee」および「Buyee Connect」にてクレジットカード不要のスマホ決済「AFTEE」を導入します。

 tensoをはじめとしてBEENOSグループは、モノ・人・情報を「日本から海外へ」、「海外から日本へ」と双方向に繋ぐグローバルなビジネス展開を強みとしております。今回の「AFTEE」導入により、日本企業の販売機会の拡大を図り、台湾のお客様のさらなる満足度向上を図ってまいります。

 

●導入内容

・利用可能地域    :台湾
※居住エリアが台湾、かつ携帯電話の番号認証が必要
・お客様へのメリット:クレジットカード不要で、事前の「AFTEE」の会員登録も不要
・お客様のご使用条件:
 ①支払い方法    :コンビニ、ATM ※支払い方法は今後拡充予定
 ②会員手数料    :無料
 ③利用上限金額 :AFTEE初回利用者は最大2万元 ※利用実績などに応じて最大5万元まで利用可能
 ④利用方法       :下図参照
 
 

●導入開始キャンペーン

・URL: https://media.buyee.jp/campaign/aftee2109/cht/
・期間:~2021年11月5日(金)23時59分まで ※日本時間
・対象:「Buyee」上で初めて「AFTEE」を利用されたお客様
・割引内容: 1,000元以上の決済で100元の割引(1人一回で)
・参加方法:期間中に「Buyee」上で「ATFEE」を初めて利用するだけでOK

 

●クレカ不要のスマホ決済「AFTEE」:https://aftee.tw/

 「AFTEE」は、日本国内で得た知見を活用し、2018年8月より台湾にて提供を開始しているサービスです。
購入者は事前の会員登録は不要で、携帯電話番号を用いたSMS認証のみで後払い決済を利用できます。また、スマホアプリをダウンロードすることで1ヶ月分のお買い物の代金をまとめて後払いすることや、最大24回の分割払いを行うことができます。 クレジットカードの利用に不安がある方やクレジットカードを持っていない方でも安心・便利に利用できる決済として広がりつつあり、2021年3月時点で台湾最大手ECショップの1つであるPChomeをはじめ1,800店舗のECショップに導入されています。

 なお本サービスについては、2018年3月より株式会社ネットプロテクションズ(以下、ネットプロテクションズ)の海外支店として台湾オフィスを設置しサービス展開しておりましたが、2021年5月にはネットプロテクションズの子会社としてネットプロテクションズ台湾を新設し、2021年6月にネットプロテクションズよりネットプロテクションズ台湾に「AFTEE」を事業譲渡した結果、現在はネットプロテクションズ台湾にて「AFTEE」を運営しております。

 

●越境EC 流通総額 No.1(※1)の海外向け代理購入サービス「Buyee」

 Buyeeは、日本企業の越境ECをサポートする代理購入サービスです。海外販売の障壁となる「言語」「決済」「物流」の問題を解消し、サービス利用料も0円から対応可能です。Buyeeを導入することで、一括で世界118ヶ国/地域に販売できます。さらに、2020年より新サービス「Buyee Connect」を提供開始し、タグ設置のみで自社のECサイト上に海外専用カートを開設することができ、より手軽に越境ECがスタートできるようになりました。BEENOSグループは越境EC黎明期である2008年より海外転送サービスである「転送コム」事業を開始し、海外発送オペレーションやグローバルなカスタマーサポートなど独自のノウハウを培ってまいりました。海外への販売環境の構築に留まらずユーザー獲得や集客支援も提供しており、手厚い海外販売支援が評価され、2,500以上の国内ECサイトの海外進出のサポート実績があります。(※5)

 なお、海外のお客様からは、配送手段や決済手段が多様であること、アメリカやロシア、中国、台湾エリア向けの独自物流構築による国際配送料の安さ、複数のサイトで購入した商品でも同梱できることなど高いサービスレベルが好評で、現在会員数は250万人以上に上ります。(※5)さらに、出店企業と公式で連携していること、10言語に及ぶカスタマー対応など安心のサポート体制で、リピーターも多いサービスです。

 

●タグ1つで越境ECが開始できる「Buyee Connect」

 「Buyee Connect」は、タグ設置のみで自社ECサイト上に海外専用カートを簡易に開設することができるサービスで、従来の「Buyee」よりも手軽に海外対応が可能です。本連携では、海外のお客様がサイトにアクセスした際に、サイト上に海外専用カートが表示されます。お客様は、海外専用カート上の表示言語を、日本語・英語・中国語(繁体字・簡体字)・インドネシア語・タイ語・韓国語・スペイン語・ドイツ語・ロシア語から選択することができます。商品選定後、海外専用カートで注文へ進むボタンを押すと、Buyee上で決済手続きをしていただくことにより、海外では主流のPayPal、Alipay、銀聯クレジットカードといった決済方法も利用することができます。さらに、Buyeeが海外発送手続きや多言語でのお客様のお問合せサポートなどを行います。これにより、海外のお客様は日本のECサイト上で商品を選定できるようになるほか、日本のECサイト事業者様の商品登録の手間を軽減し、より簡易に海外対応を実現します。

※「Buyee Connect」経由のお客様は「AFTEE」決済を「Buyee」上で選択可能です。
「AFTEE」決済を選択いただくためには以下の条件が必要となります。
・お客様のアクセス元IPが台湾
・お客様が選択しているデフォルトのお届け先が台湾の住所
・表示言語が繁体字
・決済通貨が台湾ドル


<Buyee、およびBuyee Connect導入をお考えの方のお問合せ先>
BeeCruise株式会社
https://beecruise.co.jp/infra/buyeeconnect/


(※1)国内越境EC 年間流通総額 No.1
     該当サイトにおける海外個人を対象とした日本から海外への年間流通総金額
           東京商工リサーチ調べ(2021年5月時点)
           https://beenos.com/news-center/detail/20210607_bns_pr/
(※2)出典: 2016 電子商務雲端創新應用與基礎環境建置計畫
(※3) 中華民国(台湾)の行政院に属する内政を所管する最高行政機関。
(※4) JCIC= Joint Credit information Center 台湾の信用情報機関
(※5)「Buyee」と越境EC関連サービス「転送コム(https://www.tenso.com/)」を合わせた数字



【株式会社ネットプロテクションズの概要】
・商号   :株式会社ネットプロテクションズ
・代表者  :代表取締役社長(CEO) 柴田 紳
・創業   :2000年1月
・資本金  :1億円
・所在地  :〒102-0083 東京都千代田区麹町4-2-6住友不動産麹町ファーストビル5F



【tenso株式会社の概要】  
国内ECサイトの海外販路拡大をサポートするtensoは、「転送コム」(海外転送サービス)と「Buyee」(代理購入サービス)の2つのサービスを展開しております。「転送コム」はECサイトの代わりに海外発送オペレーション、多言語カスタマーサポートを、「Buyee」ではそれに加えて翻訳、会員の決済サポートを行います。現在合計2, 500以上のECサイトに導入いただいており、配送対象国は118ヶ国/地域に上ります。海外消費者からは、配送手段、決済手段が多様であることや、複数のサイトで購入した商品でも同梱できることなど、高いサービスレベルが評価され、会員数は250万人以上(2020年9月末時点)となりました。

(1)社名 : tenso株式会社       
(2)代表者: 代表取締役社長 直井 聖太
(3)本店所在地 : 東京都品川区北品川四丁目7番35号
(4)設立年月 : 2008年7月
(5)資本金: 100百万円  
※BEENOS株式会社(東証一部:3328)の連結子会社です。