BEENOSのリ・チャレンジ採用者にインタビュー! 離れて再認識したBEENOSのカルチャーとは?

 

BEENOSグループには、リ・チャレンジ採用、つまり再度BEENOSで働くメンバーも少なくありません。

BEENOSは、多様な能力・ノウハウや経験を持つ社員にキャリアや人生経験、知識を活かして働くことができる環境を作ることで、イノベーション喚起を目指しています。

今回は、退職後に他の会社で様々な経験を培い、またチームの一員として一緒にチャレンジしてくれることになったお2人にインタビューしました!

 

近藤のプロフィール

椎名のプロフィール

 

再度BEENOSで働こうと思ったきっかけ

―近藤

BEENOSを退職後、グロース期のグローバル向けサービスの成長段階に携わりたいと思い、実際に実現できる会社で経験を積みましたが、キャリアとして成長段階を支えるだけでなく、新規事業を創りたいと考えるようになりました。

同じタイミングで以前の同僚からBEENOSの新規事業の担当を募集すると聞いて。だったら、もう一度BEENOSで働きたいと思ったのがきっかけです。

 

―椎名

BEENOSを退職後に勤めた会社を辞め、新規事業のシステム開発に関われることを第一優先とし、次なるキャリアをスタートさせようと考えていました。

BEENOSでその希望が叶いそうだったこと、それが一つのきっかけです。

 

また、BEENOSはビジチャレもありますし、事業創造が活発なので、一つの事業だけではなく他の事業にも携われるのは自身の能力開発にもつながりますし、貴重だと考えました。

色々考えいろんな人に相談していたら、直井社長と面談することが決まり、その中で『日本を引っ張っていく存在になりたい、勝負する。』という言葉を聞きました。

最終的には、一緒に勝負したい、と思ったのが“リ・チャレンジ”を決めた理由です。

 

BEENOSで「リ・チャレンジする」と決めたときのハードルの高さ

―近藤

特になかったですね。

信頼のおける仲間がまだBEENOSにいて定期的に話していましたし、何より自分のやりたいことがBEENOSならできるという確信があったので。抵抗やハードルはなかったです。

 

―椎名

  退職した後もメンバーと定期的に交流を持っていたのでその点では低かったです。

温かく迎えてくれたBEENOSの方々にはとても感謝しています。

 

外に出て感じたBEENOSの魅力

―近藤

「代表」、「自主性の尊重」の2つは特に魅力的ですね。

直井社長は、数字への意識が強い方ですが、一方で人に寄り添えるというか、マネジメント力もあり尊敬しています。

BEENOSを離れて、他社と比べることも多くこの要素って比較的どちらかしか持ち合わせていないことが多いのかと思いますが、直井社長は両方兼ね備えています。

自分自身が代表から学べることも多く、この先さらに成長できる環境だと改めて感じました。

 

また、BEENOSはいい意味で自由と責任がある環境だと思っています。

主体性がないとBEENOSで働いても面白さを感じることが出来ないですし、何より成果を発揮できないと思いますが、責任をもって自ら目標やゴール設定をした際には、自由に思い切り取り組める環境です。

それが働く上での魅力だと思います。自主性を尊重してもらえるので、組織にいながらも自分で道を拓いていける環境であることを常に感じることができます。

 

―椎名

一緒に働く人を尊敬し敬意を持って接するカルチャーがあります。そのため、余計なストレスを感じることなく集中できます。

また手を上げればチャンスを与えてくれる社風でもあります。

私も最初にBEENOSに入社した当初はwebデザイナーでしたが、システム開発のチャンスをいただき、さらにはエンジニアチームに移動してプロジェクトマネジメントまで経験させてもらいました。

エンジニアとしてキャリアを歩めるようになったのはBEENOSのおかげです。挑戦的な人はキャリアにも拡がりを感じられると思います。

 

BEENOSではたらくとは?

<はたらく”環境”>

―近藤

スタートアップって、経理とか法務とかバックオフィス系も含めて、様々なことを自分たちでやらないといけないことも多いのですが、BeeCruiseで私が行っていることは新規事業開発でありながらBEENOSの子会社なので、法務や経理や総務のサポートを受けられます。

そのため、目の前の事業に集中できています。また、実際に新規事業を作るとなったときに必要な部分の専門的な部分をプロのメンバーから学べる機会も多いのでとても良い環境だと思っています。

 

―椎名

オフィスは綺麗にリニューアルされ、開発用PCはスペックが高く、エンジニアとしても環境に満足しています。

私が会社に求めることの一つに『バランス』がありますが、ベンチャーの挑戦カルチャーは持ちながらも、信頼関係やサポート・働き方などしっかりとバランスが取れている会社だと思います。

数字だけでなく人としっかり向き合うバランスの良さを感じます。

 

<はたらく”人”>

―近藤

協力的ですね。

フォローアップの体制が取れているので障害が発生しても耳を傾けてくれますし、部署が違う方でもサポートしてくれます。

BEENOSグループのDNAとして「自立和尊」を大切にしているので基本的にメンバーが思いやりを持つことが推奨されているのと、自分が会社に求めている『多様性』をしっかり体現している会社だと思います。

十数か国のメンバーが同じオフィスで働いていて、それでいて自然なので。お互いの文化を尊重しているのを感じますね。

 

―椎名

誰に対しても敬意を持って接し仕事をすることが社風として根付いています。

また、どんな役職であれ、責任のある仕事を任される環境なので、他社と比べても社員に主体性が身についていることを感じますね。

 

今後BEENOSで果たしたいこと(自身の今後について)

―近藤

ボーダーレスな世界をITと掛け合わせて新しく作っていきたいと思っています。

海外で勉強や仕事をするとなった時に立ちはだかる困難を削減できるようなシームレスなサービスを作りたいです。

BEENOSで引き続き挑戦していきます!

 

―椎名

  BEENOSの収益の柱となる事業を作ることです。

そのためには技術的知識をもっと蓄えて、最適なプロダクトを提供できるようになることと、職種に囚われずに積極的に他分野にも関わっていきたいと思います。

自らが主動して仕事を動かしていきたいです。

 

BEENOSという会社を一言で表すと?

BEENSという会社を一言で表すと?(椎名)10年後も一緒に働きたい人に出会える会社(近藤)夢を実現できる場

以上、これからの活躍がさらに楽しみな2人へのインタビューでした。

BEENOSは今後も働きがいのある環境づくりを推進し、社員とともに世の中の可能性を拡げる事業創造に挑戦し続けてまいります。

投稿日:2019.05.24